Mac

Macで画像圧縮したスクリーンショットを撮る方法

スクリーンショット撮影する際に毎回画像圧縮するのが手間と感じていたので、スクリーンショットを撮る時に自動で画像圧縮する方法を紹介します。
スクリーンショットのショートカットなどはスクリーンショットショートカットでまとめていますので気になる方は御確認ください。

ターミナルの作業も含まれます。基本的な情報はMacターミナルの覚えておきたいショートカット・コマンドまとめが参考になれば。

今回の作業はスクリーンショットのコマンド「screencapture」で撮影した画像をpngquantで画像圧縮を、ImageOptim.appで画像のメタ情報を削除して出力する方法になります。一連のコマンドをショートカットに登録しておけば普通にスクリーンショットを撮影するだけで画像圧縮されているということです便利ですね。

画像圧縮プログラム「pngquant」ダウンロード

画像圧縮WEBサービス「TinyPNG」の中で動いているプログラムです。パンダで有名ですよね
Homebrewからダウンロードする方法になります。
Homebrewの導入方法はMacにパッケージマネージャー「Homebrew」のインストールする方法と基本使用方法で説明していますので御確認ください。

ターミナルを起動して以下のコマンドを入力します。

brew install pngquant

これでpngquantのインストールは終了です。とても簡単ですね。

画像圧縮アプリ「ImageOptim」ダウンロード

pngquantだけでも十分圧縮されるのですが、ImageOptimで画像のメタ情報を削除するとわずかに画像サイズが軽減します。
しかし処理に少々時間がかかるので必要なければImageOptimは使用しなくても良いかと思います。
ダウンロードはこちらから。

ImageOptim

これで準備完了です。

Contentsへ

コマンド入力

それでは本題のコマンドを入力します。
少し長いコマンドですが一度登録してしまえば、後はショートカットで使用できるのでお付き合いください。

y="${HOME}/Desktop/`date +%F-%H-%M-%S`.png"; screencapture -ior $y; /usr/local/bin/pngquant --speed 1 --ext .png --force $y; (open -a ImageOptim.app $y &)

下に噛み砕いてコマンドの説明をします。

Contentsへ

ファイル名と保存先を変数に代入

「y="${HOME}/Desktop/`date +%F-%H-%M-%S`.png"」で出力するファイルのパスを指定して、ファイル名を年月日分秒で出力し、変数yに代入しています。パスはデスクトップ(Desktop)に指定していますが、もちろん他のフォルダでも大丈夫です。ファイル名も年月日分秒(`date +%F-%H-%M-%S`)ではなく他の表示に変更可能です。

Contentsへ

スクリーンショットコマンド

「screencapture -ior $y」はスクリーンショットのコマンドですね。オプションは範囲選択のスクリーンショットになるので「-i」を、ドロップシャドウ(影)は必要ないので「-o」を、後で削除するのですがメタ情報を付けない「-r」を指定しています。最後の「$y」は変数に代入したファイル名と保存先です。
これらのオプションはあくまで一例です。screencaptureコマンドのオプションを詳しく知りたい場合はMac スクリーンショットコマンド「screencapture」の使用方法まとめを確認して自分にあったコマンドにしてみてください。

Contentsへ

pngquantコマンド

「/usr/local/bin/pngquant --speed 1 --ext .png --force $y」は先程Homebrewでダウンロードした画像圧縮コマンドです。通常Homebrewでインストールした場合のパスは/usr/local/bin/pngquantになりますが無い場合は、「which pngquant」などで調べてみてください。
「--speed 1」は圧縮スピードで、1〜10あり1が最も遅く、10が最も速いです。(デフォルトでは3です)遅いほうが圧縮率が高いので1を指定しています。
「--ext. png」は同じファイル名で出力するオプションです。
「--force $y」は上書きを指定するオプションです。(代入しているのでyになります)
詳細が気になる方は公式ページを確認してみてください。

pngquant

Contentsへ

ImageOptimコマンド

「(open -a ImageOptim.app $y &)」はImageOptimアプリでメタ情報を削除するコマンドです。前述しましたが処理に時間がかかるのでバックグラウンドプロセスで処理しています。

以上になります。
ターミナルをメインで使用している場合はコマンドをエイリアスに設定しておくと使いやすいと思います。

Macターミナルでエイリアスを設定する方法

個人的にはショートカットに組み込む方法が便利でした。

Automatorを使用してショートカットに組み込む

⌘ command + F4 に組み込みました。とても便利ですね!

Automator画像圧縮スクリーンショットコマンド

記事が気に入ったらD-Boxを

"いいね!"か"フォロー"

新しい情報をおしらせします。

D-Box

関連記事

  1. 辞書使用方法アイキャッチ Macの辞書アプリ使用方法
  2. MacHomebrewアイキャッチ Macにパッケージマネージャー「Homebrew」のインストール…
  3. テキスト編集中フォルダアクセスアイキャッチ Mac 編集中にファイル場所までのフォルダにアクセスする方法
  4. Macショートカット変更と追加アイキャッチ Macのショートカットキーを変更と追加する方法
  5. PNG画像圧縮アイキャッチ MacでPNG画像を簡単に画像圧縮する2つの方法
  6. 拡張子ロゴ Macでファイルの拡張子を表示させる方法
  7. Finderアイキャッチ Mac Finderで便利な設定5選
  8. Excelロゴ MacのExcelで覚えておきたいショーカットまとめ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP