まとめ系記事
Mac-iPhoneバックアップを外付けハードディスクへ作成-アイキャッチ
スポンサーリンク

iPhoneのバックアップをMacに行なっていると、いつの間にか肥大化しがちです。
しかもバックアップ先の場所を選ぶことができません。
今回はiPhoneのバックアップ先を外付けハードディスクに変更する方法をお伝えします。

ターミナルでコマンドを実行しシンボリックリンクを作成することで、バックアップ先を変更することが可能です。
ターミナルの作業を含みますので、基本操作などがわからない場合は下記記事が参考になれば幸いです。

外付けハードディスクをお持ちでない場合はMac内の大事なデータをバックアップしたり、万が一のためにも所持しておくと良いかと思います。
どのタイプを選ぶかにもよりますが、1〜2万円程で購入可能です。

メーカーはどこでも大丈夫かと思いますが、個人的にはBUFFALOが価格もリーズナブルで動作も安定しているのでオススメです。

バックアップ種類

iPhoneのバックアップはiTunesで行います。
iPhoneを接続するとiPhoneアイコンがiTunesに表示されるのでクリックします。

Mac-iTunes-iPhone-バックアップ

macOS Catalina以降
iTunesが廃止されFinderにて行えます。

iPhoneバックアップには下記のようにいくつか種類があります。

  • iCloudへバックアップ
  • 接続しているPCへバックアップ(暗号化なし)
  • 接続しているPCへバックアップ(暗号化あり)

バックアップの種類によって保存されるデータに違いがあります。
どのように違うかは下記サイト様で詳しく説明がされているのでここでは割愛します。

参考サイトiPhoneのバックアップの種類

今回は「PCへバックアップ」する際の保存先を変更する手順となります。

バックアップ保存先

既にお伝えしましたが、iPhoneのバックアップをPCに保存する際の保存先は、既に決まっていて通常の方法では変更することができません。

デフォルトの保存先は下記パスになります。

iPhoneバックアップデフォルトの保存先

/Users/ユーザ名/Library/Application\ Support/MobileSync/Backup

ファイル場所までたどり着く方法はいくつかありますが、一番簡単な方法はiTunes➡︎環境設定➡︎デバイスタブでiPhoneのバックアップ上で右クリック➡︎Finderに表示をクリックします。

Mac-iPhoneバックアップファイルをFinderで表示

macOS Catalina以降
バックアップの確認は「バックアップを管理...」から行えます。

Mac-iPhone-Finder画面

Finderから自分でパスを辿ってファイルを見つけたい場合はFinder上で⌘ command+⇧ shift+G後、上記パスをコピー&ペーストで移動できます。(ユーザ名は自分の物に変更してください)

Mac-Finder-パスを入力して移動

場所はユーザフォルダ直下のライブラリフォルダにあります。ライブラリフォルダにはいくつか種類があるので詳細が気になる場合は、下記記事を御確認ください。

外付けハードディスクにバックアップ用フォルダを作成

次に外付けハードディスクにiPhoneバックアップを保存するためのフォルダーを作成します。
外付けハードディスク内のどこにフォルダを作成しても問題ありませんが、最終的なフォルダ名は「Backup」である必要があります。

Mac-外付けハードディスクへiPhoneバックアップ用フォルダ作成

フォルダ名がBackupではなくてはならない理由
今回の作業はデフォルトのバックアップ保存先にシンボリックリンクを貼ることにより、外付けハードディスクへ保存します。元々の保存先フォルダ名が「Backup」であるため同じ名前でないとリンクを作成しても結局は「Backup」フォルダが作成されてしまい保存先の変更ができません。

外付けハードディスクへ作成したフォルダに既存のバックアップを移動

既にiPhoneのバックアップを持っている場合は、外付けハードディスクへデータを移動しておきます。

 後でMac内の「Backup」フォルダを削除することになるので、退避のためです。移動先は別の場所でも構いません。

Mac-既存iPhoneバックアップを外付けハードディスクへ移動

Mac内の「Backup」フォルダを削除

iPhoneバックアップデフォルト保存先の「Backup」フォルダを削除します。

Mac-デフォルト保存先フォルダBackup削除

フォルダを削除しておかないと、コマンド実行時に「File exists」となりシンボリックリンクが作成できません。

Mac-Backupフォルダを削除しないとコマンド実行時にエラー

コマンドを実行

シンボリックリンクを作成するコマンドを実行します。
コマンドの使用方法は下記のようになります。

ln -s 外付けハードディスクの保存先パス "Macデフォルト保存先パス"

私の環境の場合は下記のようになります。

ln -s /Volumes/外付けバックアップ/iPhone/Backup "/Users/D-Box/Library/Application Support/MobileSync"

前述しましたが、変更先のバックアップフォルダは外付けハードディスクのどこでも構いませんので、自分の環境に合わせて変更してください。デフォルト保存先に関してはユーザ名を自分の物に変更してください。

パスの入力に不安がある場合はドラッグ&ドロップでパス入力も行えます。

「Operation not permitted」となり、コマンドが実行できない場合

macOS Mojave以降ではセキュリティが強化され、「Operation not permitted」となり、コマンドが実行できない場合があります。
下記記事に対処法を記載していますので御確認ください。

コマンド実行後、下記のように「Backup」フォルダへリンクが貼られていれば完了です。

Mac-iPhoneバックアップシンボリックリンク作成後

以上となります。iPhoneのバックアップで容量を圧迫されていたり、安全のために他の場所へバックアップを取りたい場合はお試しください。

また、iPhoneのバックアップをそのまま作成すると上書きされてしまいます。複数iPhoneのバックアップを作成したい場合は下記記事で方法を説明していますので、御確認ください。

スポンサーリンク
コメント一覧
  1. takuma より:

    はじめまして、バックアップ外付けで検索したどり着きました。
    画像付きで大変わかりやすく、非常に助かります。
    ただ、手順通りに行うと~ln: Support/MobileSync'' : No such file or directoryと表示されてしまい完了できません。
    ほかのサイトも見てみたのですが同じ結果でした。
    原因などわかりますでしょうか?

    • D-Box より:

      コメントいただきありがとうございます。返信遅れてしまい申し訳ありません。
      メッセージの内容からすると、「Mac側のデフォルト保存先」のパスが間違っている可能性があるかと思います。
      お手数ですがコマンド実行時の内容(保存先のパスも含めて)を教えていただけますでしょうか?
      サイト下部にある[お問い合わせ]から送っていただければ何か手助けできるかもしれません。

      • ギズモ より:

        同じく no such~と 出て
        全く 出来ません

        何通りかの コマンド入力 してみましたが
        出来ません

        • D-Box より:

          確定はできませんが、恐らくパスが間違っている可能性があります。
          ドラッグ&ドロップでパスを指定すれば間違えないかと思います。
          ドラッグ&ドロップでパスを入力する
          それでもエラーが出力されるようであれば、[お問い合わせ]より実際に実行しているコマンドを送っていただければ、何か手助け出来るかもしれません。

  2. miki より:

    はじめまして。

    この件で困っており、
    アップルのサポートセンターに問い合わせたところ、
    外付けのハードディスクには、iPhoneのバックアップはできない、とのことだったのですが、
    可能なのでしょうか?

    • D-Box より:

      はじめまして。
      現状自分の環境ではバックアップはできておりますが、ターミナルよりシンボリックリンクを作成して公式の保存先を変更する方法なので、サポートセンターなどでは対応不可となっている可能性はあるかと思います。

  3. loki より:

    右往作用してようやくできました!これでicloudで1Tとか契約しないですみます!感謝です

    私は" "は入れず、ln -s の後にHDDのBackupファイルをドラッグ、そのあとに何も入力せず、mobilesyncをドラッグしたらできました!

    • D-Box より:

      お力になれた様で何よりです。ありがとうございます。
      パスの内容に不安がある場合はドラッグ&ドロップは有効だと思います。追記しておきます。

  4. Manu より:

    コメント失礼します。
    上記の方法を試しているのですがOperation not permittedとなり成功していなさそうです。
    ドラッグドロップもしてみたのですがだめみたいです。
    何かいい方法があれば教えていただきたいです。
    よろしくお願いいたします。

  5. Ayahhhhhhh! より:

    はじめまして、コメント失礼致します。
    1台のMac、1台のHDDで
    2台のiPhoneのバックアップを取りたく、
    ネット上を彷徨い辿り着きました。

    1台目はこちらのブログ通りに進み、
    完了致しました。

    「フォルダ名がBackupではなくてはならない」
    とありましたが、
    HDD内に2つBackupフォルダが作成され、
    混同することはありますか?

    1台のMacに、2人ユーザーを登録し、
    各々のiTunesをインストールしております。

    お忙しいでしょうが、
    教えていただければ幸いです。

    • D-Box より:

      はじめまして!
      フォルダ名が"Backup"ではないといけない理由は、iTunesのデフォルト保存先フォルダ名が"Backup"であるため同名にしないとシンボリックリンクを作成しても新たに別の"Backup"フォルダがMac内に作成されてしまい、外付けハードディスクへ保存されないという感じです。
      本題の2台iPhoneバックアップについてですが、試していないので恐縮ですが、ユーザーが違くても保存先は"Backup"フォルダになるので理論上はHDD内の"Backup"フォルダ内にそれぞれユーザーのバックアップが混在するような形となると思われます。
      もしうまくいかないようであれば連絡いただければこちらでも確認してみます。

    • D-Box より:

      もしくは、外付けハードディスクにそれぞれユーザー毎にフォルダを作成してバックアップを取るのはいかがでしょうか?
      この方法であれば管理しやすいと思います。

      • Asuka より:

        うちも、ひとつのMacで複数ユーザーを登録しており、それぞれのiPhoneのバックアップを別にとっております。
        D-Boxさんのサジェッションと同じで、外付けハードディスクに名前を入れてわかりやすくした別フォルダを2つ作成し、その中にそれぞれBackupフォルダを作って、それぞれのバックアップ先をそのフォルダにして管理しています。問題なくできていますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
(返信通知で使用するので確認できるメールアドレス入力をお願いします。)
の項目は必須項目となります。

関連キーワード

この記事が気に入ったら
D-Boxを"いいね"、"フォロー"

新しい情報をお知らせします。
気になるニュースとかもPickしています。

おすすめの記事