Mac・iPhoneメモアプリアイキャッチ
スポンサーリンク

Apple純正のメモアプリが色々とグレードアップしているので便利な使用方法をまとめておきたいと思います。
何よりも便利な点はiCloudで共有できるのでMac・iPhone・iPadなど複数のデバイスで作成したメモを確認できることだと思います。

今回はMacとiPhone共に使用できる機能、Macのみの機能、iPhoneのみの機能でそれぞれ紹介します。
とても長くなるので気になる情報をContentsからクリックすることをオススメします。

Mac・iPhoneで使用できる機能

両方で使用できる機能を紹介します。
画面は主にMacで説明します。

フォルダ作成

地味ですがフォルダを作成できることによってただの雑多なメモアプリが様々なタスクを管理できるアプリになります。
フォルダ名に数字などを振ると若い数字から順番に並ぶので管理しやすいです。

Mac・iPhone-メモアプリ-フォルダ作成

サブフォルダ作成(作成はMacのみ)

Macのみの機能になりますが、作成したフォルダを既存のフォルダへドラッグ&ドロップするとフォルダを入れ子に出来ます。

子フォルダへさらにフォルダをドラッグ&ドロップすると孫フォルダの作成も可能です。
雑多になりがちなメモを整理する上で使い勝手の良い機能です。

Mac-メモアプリ-サブフォルダ作成

iPhoneでは使うことができない機能ですが、Macで作成したサブフォルダは反映され、使用することができます。

iPhone-メモアプリ-サブフォルダ確認

Contentsへ

文字装飾

メモ画面上部の「Aa」マークからタイトル、見出し、番号付きリストなど文字フォーマットを選択できます。
とても簡単に行えるので素早くわかりやすいメモが作成できます。

Mac-メモアプリ-文字装飾

iPhoneの場合は入力キーボード右上にある「+」マークをタップして「Aa」マークを選択します。

iPhone-メモアプリー文字装飾

Contentsへ

マップ情報を保存

Apple純正マップアプリを使用すれば簡単にメモしておきたい地図情報を保存できます。
任意の場所を検索して右上の「共有」ボタンから保存できます。

Mac・iPhoneメモアプリに地図情報保存1

保存先のメモ(フォルダ)を指定します。

Mac・iPhoneメモアプリに地図情報保存2

このように地図情報が保存されます。

Mac・iPhoneメモアプリに地図情報保存3

iPhoneの場合は任意の場所を検索した後、下にスクロールして「共有」ボタンをタップして「メモに追加」を選択します。

iPhone-メモアプリ-地図情報保存

Contentsへ

画像を保存

画像の保存も直感的に行えます。保存したい画像をドラッグ&ドロップするだけです。

Mac-メモアプリ-画像保存

iPhoneなどで撮影した画像を保存したい場合は、上部メニューの「ウィンドウ」➡︎「写真ブラウザ」と進みます。

Mac-メモアプリ-写真を追加

写真画面が起動するので、後は画像をドラッグ&ドロップするだけです。

Mac-メモアプリ-写真をドラッグ&ドロップ

保存した画像の上で右クリック➡︎「小さなイメージで表示」を選択すれば、画像を小さな表示で保存することができます。

Mac-メモアプリ-添付画像を小さく表示

iPhoneの場合は「+」マークをタップして「フォトライブラリ」、「写真またはビデオを撮る」から行えます。
「フォトライブラリ」の場合は既存の写真を添付し、「写真またはビデオを撮る」の場合は撮影した画像をそのまま添付できます。

iPhone-メモアプリー画像保存1

フォトライブラリーから「共有」ボタンをタップして「メモに追加」を選択からも画像を保存できます。

iPhone-メモアプリ-画像保存2

Contentsへ

URLを保存

関連サイトのURLも簡単にメモに保存できます。
サイト上で右上の「共有」ボタンもしくは、「ファイル」➡︎「共有」からメモを選択します。

Mac・iPhoneメモアプリにURL保存1

保存先のメモ(フォルダ)を指定します。

Mac・iPhoneメモアプリにURL保存2

URLの追加も簡単に行えます。

Mac-メモアプリ-URL保存3

iPhoneの場合は下部の「共有」ボタンから行えます。

iPhone-メモアプリ-URL保存

Contentsへ

添付ファイルブラウザを表示

上部メニュー「表示」➡︎「添付ファイルブラウザを表示」かMac-iPhone-四角アイコンアイコンをクリックすると、全メモに添付されているファイルをまとめて閲覧できます。

Mac-メモアプリ-添付ファイルブラウザを表示1

添付ファイルは「写真とビデオ」「スケッチ」「スキャン」「マップ」「Webサイト」「オーディオ」「書類」の7つのカテゴリで分類されます。
全メモを通して確認ができるので、自分に必要なメモが視覚的に見つけやすくなるかと思います。

Mac-メモアプリ-添付ファイルブラウザを表示2

添付ファイルはSpaceもしくは右クリック➡︎「添付ファイルをクイックルック」で添付ファイルをクイックルックできます。

Mac-メモアプリ-添付ファイルブラウザを表示3

もちろん複数添付ファイルを選択してまとめてクイックルックすることもできます。

余談になりますが、クイックルックはとても多機能で便利な機能です。下記記事でまとめていますので興味がある場合は御確認ください。

iPhoneの場合は、左下にMac-iPhone-四角アイコンアイコンがあります。

iPhone-メモアプリ-添付ファイルブラウザを表示

Contentsへ

チェックリスト作成

メモ画面上部の☑️マークをクリックするとチェックリストが作成できます。
クリックするだけでいいので素早くチェックリストが作成できます。

Mac・iPhoneメモアプリでチェックリスト作成1

iPhoneの場合も☑️マークをタップするとチェックリストが作成できます。

Mac・iPhoneメモアプリでチェックリスト作成2

Contentsへ

メモをロック

メモに口座番号や大事な情報を入れている場合はロック機能があると助かります。
方法はメモ画面上部の「鍵」マークをクリックします。
初めてロック機能を使用する場合はすべてのメモ用のパスワードを作成する必要があります。
もちろんですがこのマスターパスワードはiCloudを通してiPhoneにも同期されます。

Mac-メモアプリ-ロック

iPhoneの場合は右上の「共有」ボタンから行えます。
後述しますが、iPhoneだと指紋認証でロックの施錠と解錠が出来ます。

iPhone-メモアプリ-ロック

Contentsへ

マスターパスワード変更方法

上部メニューのメモ➡︎環境設定から変更することができます。
TouchIDが搭載されているMacBookなどではTouchIDでロック解除が可能です。

iPhone-メモアプリ-マスターパスワード変更

iPhoneの場合は「設定」➡︎ 「メモ」➡︎ 「パスワード」から変更が出来ます。
ロックの指紋認証もここで設定できます。Touch IDが使用できないときはここを確認しましょう。

iPhone-メモアプリ-マスターパスワード変更

Contentsへ

補足

ビデオ、オーディオ、PDF、書類の添付ファイルが保存されているメモはロックをかけることが出来ません。
ロックできるのは純粋なメモのみという感じです。
Mac・iPhoneメモアプリロック機能補足

Contentsへ

人を追加(メモをメンバーで共有)

メモを共有して参加している全員が編集できるようにすることができます。
最新の情報を共有できるのでうまく使えばとても便利な機能になるかと思います。
方法はメモ画面上部の「人」のマークを選択します。

Mac・iPhoneメモアプリ人物を追加1

参加依頼の送信方法を選択します。

Mac・iPhoneメモアプリ人物を追加2

他のメンバーと共有しているメモには「人」のマークが表示されます。

Mac・iPhoneメモアプリ人物を追加3

iPhoneの場合も同様に上部に「人」マークがあるのでそちらから共有が可能です。

iPhone-メモアプリ-人を追加

Contentsへ

補足

共有しているメモはロックをかけることが出来ません。

Mac・iPhoneメモアプリ人物を追加6

Contentsへ

メモを検索

上部メニューの「編集」➡︎「検索」➡︎「メモリスト検索...」もしくは⌥ option+⌘ command+Fでメモの検索が行えます。

Mac-メモアプリ-検索

iPhoneの場合はメモアプリ上部から検索が行えます。

iPhone-メモアプリ-検索

Contentsへ

リマインダーへ共有(共有はMacのみ)

Macのみの機能になりますが、メモを純正リマインダーアプリへToDoとして追加できます。

方法はメモを開いて右クリック➡︎「共有」➡︎「リマインダー」を選択します。
追加したいリストを選択して追加します。

Mac-メモアプリ-リマインダーへ共有1

追加したToDo右端のMac-メモアイコンをクリックすると、該当するメモが起動します。

Mac-メモアプリ-リマインダーへ共有2

iPhoneでは共有することはできませんが、Macで共有したメモは反映され、同様に右端iPhone-メモアイコンをタップすることで該当メモが起動します。

iPhone-メモアプリ-リマインダーへ共有

Contentsへ

iPhoneで使用できる機能

iPhoneで作成できる機能ですが、同期することによってMacでも確認することができます。

手書きスケッチ

絵を描いたり、手書きメモ等自由に書き込めます。
定規などの機能もあるのでお手製の地図を描いたりもできます。

iPhone-メモアプリ-スケッチ

Contentsへ

動画を保存

動画の保存も簡単に行えます。
方法はメモ画面の「+」マークをタップして「写真またはビデオを撮る」で動画撮影後
右下の「ビデオを使用」で保存ができます。
もちろん保存されている動画をメモに追加することもできます。(画像を保存する際と方法は同じです)

iPhone-メオアプリ-動画保存

Contentsへ

音声を保存

iPhone標準アプリのボイスメモアプリで保存した音声もメモに保存できます。
文字で書ききれない内容などを保存する際に使えるかと思います。
方法は大体同じなのですが、ボイスメモアプリに保存した音声を選択して左下の「共有」ボタンをタップして行います。

iPhone-メモアプリ-音声保存

iPhoneで保存した動画や音声はMacでも再生できます。

iPhoneで保存した動画や音声はMacで再生可能

Contentsへ

Macで使用できる機能

一つしか確認できていませんが地味にとても使える機能なので紹介します。

付箋機能

メモを付箋のように独立したウィンドウで表示することが出来ます。
方法は該当するメモをダブルクリックします。

Macメモアプリ付箋機能1

今日のタスクなどを貼っておくと便利ですね。
もちろん直接編集することもできます。

Macメモアプリ付箋機能2

Contentsへ

まとめ

一つずつ機能を見てみるともうただのメモの領域を超えてるような気がします。
使い方次第でかなり高機能なアプリになっていると感じます。
以下に私が私が思う便利なメモの使用方法を記載します。

後で読みたい記事を管理

Webサイトはもちろんツイッター、フェイスブックなどなど後で読みたい記事をストックすることが出来ます。
起動も早く、他デバイス間の同期もバッチリなのでブックマークアプリで有名な「Pocket」とかは必要ないのではと感じるくらいです。

詳細な情報を共有

身内のメンバー間でかなり詳細な情報が共有できるかと思います。(もちろんApple製品を使用している前提になりますが)
音声、動画、画像などで文字だけでは伝わりきらない情報共有が可能です。

タスクの管理

個人的にはMacで使用できる付箋機能がかなり便利と感じています。
容易にチェックリストも作成できるし、リンクを貼ったりいろいろな方法で作業しながら今日のタスクを確認できます。

以上になります。
とても多機能なアプリなのでまだまだ活かし方はあると感じます。
参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
D-Boxを"いいね"、"フォロー"

新しい情報をお知らせします。
気になるニュースとかもPickしています。

おすすめの記事