まとめ系記事
Macのマウスでファイル操作を行う時に知っておきたいこと-アイキャッチ
スポンサーリンク

マウスでファイルの移動やコピーを行うことはよくありますね。

キーボードキーを押しながらマウス操作をすることで移動・コピー・エイリアスなどの操作を簡単に行う方法をお伝えします。
ショートカットを覚えるのも良いですがマウス操作のショートカットを覚えることでも作業効率は上げられるので必要な時は覚えておいても良いかと思います。

移動になる場合と複製になる場合の条件

ファイルを単純にドラッグ&ドロップすると「移動」になる場合と「複製」になる場合があります。

同じドラッグ&ドロップで動作が異なる理由は、保存先のフォルダがMac内にあるのかにあるのかで判断されます。

例えばデスクトップにあるファイルを「書類」フォルダにドラッグ&ドロップした場合は同じMac内になるので動作は「移動」になります。

Mac内ではない保存先として分かりやすいのが外付けハードディスクなどです。外付けハードディスクへドラッグ&ドロップした場合は「複製」の動作となります。

Mac-マウス-ファイル移動・複製

外付けハードディスクへドラッグ&ドロップする時にプラスアイコンが表示され、複製されていますね。
外付けハードディスクでなくてもハードディスク内にパーティションを組んでいる場合なども同様になります。

マウスでのファイル操作は上記を理解しておくと分かりやすいかと思います。

Contentsへ

移動

⌘ commandを押しながらドラッグ&ドロップすることで、ファイルの移動を行えます。

Mac-マウス-ファイル移動

マウスアイコンのプラスアイコンが消え、外付けハードディスクへ移動できました。

手早くMac外へファイルを移動したい時には便利です。

Contentsへ

複製

⌥ optionを押しながらドラッグ&ドロップすることで、ファイルの複製が行えます。

Mac-マウス-ファイル複製

マウスアイコンにプラスアイコンが表示され、書類フォルダへ複製ができました。

先ほどとは逆にMac内にてデータを複製したい時に役立ちます。

Contentsへ

エイリアス(ショートカット)作成

⌥ option+⌘ commandを押しながらドラッグ&ドロップすることで、エイリアスが作成できます。

Mac-マウス-エイリアス作成

マウスアイコンがMac-マウスアイコン-エイリアスへ変わり、サクッとエイリアスが作成できます。

Contentsへ

複数ファイルを新規フォルダへ格納

複数ファイルを選択して右クリック➡︎選択項目(*項目)から新規フォルダを選択すると、即座に新規フォルダを作成して選択した複数ファイルを格納できます。

Mac-マウス操作で複数ファイルを新規フォルダに格納

マウスをメインに使用している場合は作業工程が少し減りますね。

以上となります。
Macのショートカットを下記記事でまとめていますので参考にしてみてください。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
D-Boxを"いいね"、"フォロー"

新しい情報をお知らせします。
気になるニュースとかもPickしています。

おすすめの記事