スポンサーリンク

メールの内容がそのまま予定に関係してくることがあるので、カレンダーから直接メールを開く方法がないかと探していたら良い方法があったので紹介します。
この方法で予定に関連するメールをワンクリックでカレンダーから開けるので予定管理の一助になるかと思います。
注意事項としてこの方法はAppleの純正メールアプリ、カレンダーアプリ、リマインダーアプリのみ使用可能となります。

メッセージIDを確認

それぞれのメールには「Message-ID」ではじまるメッセージIDというIDが振られています。
このIDを確認するにはメールを選択して上部メニューの「表示」➡︎「メッセージ」➡︎「すべてのヘッダ」を選択もしくは、⇧ shift + ⌘ command + H を入力します。

Macメールすべてのヘッダ表示

ヘッダを表示するとズラーっとコードが表示されます。
場所はメールによって異なりますが、Message-IDではじまり、「<>」のカッコでコードが囲まれているのがメッセージIDです。

MacメールメッセージID場所

カレンダーにIDをコピー&ペースト

確認したメッセージIDをカレンダーにコピー&ペーストします。
「<>」で囲まれたコードの前に「message://」と入力すると「メールで表示...」というリンク表示になり、クリックで直接メールを開けるようになります。
上の画像のIDだと下記のようになります。

MessageIDの例

message://<9588997a-7527-4cf8-a13f-46399a3831e6@atl1s07mta838.xt.local>

Macメールリンクカレンダー表示

Contentsへ

その他のアプリでも使用可能

このメールリンクはメモアプリ、リマインダーアプリなどでも利用できます。
ToDoリストのアシストにも使えそうですね。

iPhoneでも確認が可能

iPhoneからも確認ができます。
iPhoneの場合はカレンダーのみのようです。

iPhoneメールリンクカレンダー表示

少々手間な作業ですが忘れられない予定がメールで来た時やプロジェクトの関連資料としても役立ちそうですね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
D-Boxを"いいね"、"フォロー"

新しい情報をお知らせします。
気になるニュースとかもPickしています。

おすすめの記事