まとめ系記事
MacのFinderやゴミ箱アイコンを変更する方法-アイキャッチ
スポンサーリンク

Macのアイコン変更を行うのは比較的手軽に行えます。

「Finder」、「ゴミ箱」のアイコンはシステム関係に属しているので、OS X El Capitan以降のOSはSIPを解除する必要があります。

Finder、ゴミ箱のアイコンを変更する場合は少し特殊で、Dockアプリ内で管理されていてます。
こちらにてアイコンを変更することでFinder、ゴミ箱のアイコンが変更可能となっていますので方法を説明します。

本作業にはターミナル操作を多分に含みますので、起動方法などよく分からない場合は下記記事にて基本情報をまとめていますので御確認ください。

 下記に説明する内容はSIPを解除している状態での操作になります。

Dockアプリの場所

Dockアプリの場所は下記パスにあります。

Dock.appの場所

/System/Library/CoreServices/Dock.app

Dock.appを右クリック➡︎パッケージの内容を表示➡︎Contents➡︎Resourcesを開きます。

Mac-DockアプリResources場所

フォルダを探すのが面倒な場合
Finderを選択している状態で⌘ command+⇧ shift+Gを押すと表示される「フォルダの場所を入力」画面へ前述したパスをコピー&ペーストするとフォルダへの移動が簡単になります。

Mac-Finder-パスを入力してフォルダへ移動

余談になりますが、今回Dockアプリが所属しているライブラリフォルダは数種類あります。結構間違えやすいので詳細を知りたい場合は下記記事を御確認ください。

アイコンを用意

Resourcesフォルダ内にFinder・ゴミ箱アイコンがあることが確認できます。

Mac-Dock.app-ゴミ箱・Finderアイコン

それぞれ2種類のアイコンを用意します。必要なアイコン種類は下記となります。

対象アイコン ファイル名 サイズ
Finder finder.png 128×128
Finder finder@2x.png 256×256
空のゴミ箱(ライトモード) trashempty.png 128×128
空のゴミ箱(ライトモード) trashempty@2x.png 256×256
中身のあるゴミ箱(ライトモード) trashfull.png 128×128
中身のあるゴミ箱(ライトモード) trashfull@2x.png 256×256
空のゴミ箱(ダークモード) trashempty2.png 128×128
空のゴミ箱(ダークモード) trashempty2@2x.png 256×256
中身のあるゴミ箱(ダークモード) trashfull2.png 128×128
中身のあるゴミ箱(ダークモード) trashfull2@2x.png 256×256

アイコンを探すには下記サイトが役立つかと思います。

ダウンロードサイトIconArchive

ダウンロードサイトDEVIANTART

ダウンロードサイトfindicons

必要なアイコンのそれぞれサイズを作成しておきます。

Mac-Finder・ゴミ箱変更後アイコン

アイコンをフォルダへ格納

アイコンをResourcesフォルダへ格納します。
しかしSIPを解除していても、未だ格納できません。

Mac-Dock.app内Resourcesフォルダへ格納できない

格納できない理由はmacOS Catalina以降ではシステム関係のファイルは、読み取り専用のシステムボリュームとして他の全てのデータと切り離されているからです。

参照サイトmacOS Catalina の読み取り専用のシステムボリュームについて

コマンドを実行

システムボリュームへ書き込みを可能にするには下記コマンドを実行します。

sudo mount -uw / && killall Finder

パスワード入力を求められるので入力して実行します。

 SIPを解除している状態でコマンドを実行してください。

これでアイコンの格納が可能となります。

Mac-Dock.app-ゴミ箱・Finderアイコン-変更後

格納できました。(今回の例はダークモードのゴミ箱を変更しています)

 デフォルトのアイコン画像は必要になる可能性もあるので削除したりせず、上記画像のように名前を変更して残すか、別の場所へバックアップしましょう。

反映方法

アイコンを格納してもDockには反映されないので、下記コマンドにてFinderとDockを再起動します。

killall Finder && killall Dock

それでも反映されない場合は、キャッシュが影響していると考えられますので、セーフモードで起動すると反映されるかと思います。

無事アイコンの変更ができました。

Mac-Dock-Finder・ゴミ箱アイコン変更後

以上となります。

今回の作業はシステム上重要な箇所を操作しますので余計なファイルを削除したり変更したりしないよう注意して行ってください。

 作業後はシステムボリュームが書き込み可能の状態になっているので再起動とSIPを有効化するのを忘れないようお気をつけください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
D-Boxを"いいね"、"フォロー"

新しい情報をお知らせします。
気になるニュースとかもPickしています。

おすすめの記事