スポンサーリンク

Macのライブラリフォルダは重要なファイルを含むのでデフォルトでは不可視の状態になっています。
ですが、たまにライブラリフォルダを操作するケースも出てくるので、ライブラリフォルダの開き方は覚えておいた方が良いかと思います。

今回はライブラリフォルダの種類と、簡単にライブラリフォルダへ移動する方法を説明します。

 ライブラリフォルダには重要なファイルが含まれているので、基本的には触らない方が良いです。どうしても操作する必要がある場合は安易に削除せずコピーを取るようにしましょう。

ライブラリフォルダの種類

ライブラリフォルダには下記の3種類あります。

  • システムライブラリフォルダ

    /System/Library
  • Macintosh HD直下のライブラリフォルダ

    /Library
  • ユーザーライブラリフォルダ

    /Users/ユーザー名/Library もしくは ~/Library

前述しましたが基本的には触らないフォルダなのですが、いじる可能性があるとしたらユーザーライブラリフォルダになるかと思います。

Contentsへ

システムライブラリフォルダ

システムフォルダ直下にあるライブラリフォルダには、システムの設定上重要なファイルが多いのでほとんどいじることはないです。

Mac-システムライブラリフォルダ場所

Contentsへ

Macintosh HD直下のライブラリフォルダ

2番目のMacintosh HD直下にあるライブラリフォルダには主にデフォルトアプリの設定ファイルやローカルシステムの設定ファイルやらが存在しています。
こちらもいじることはほとんどないです。

Mac-Macintosh HD直下のライブラリフォルダ場所

Contentsへ

ユーザーライブラリフォルダ

3番目のユーザーライブラリフォルダにはユーザーアカウントの設定ファイルやアプリファイルなどがあります。

Mac-ユーザーライブラリフォルダ場所

 今回説明する簡単にライブライフォルダへ移動する[ライブラリフォルダ]はこのユーザーライブラリフォルダになります。

一言でライブラリフォルダといってもこの様に種類があり、操作する上での危険性も全然違うので注意が必要です。
システムライブラリフォルダ・Macintosh HD直下のライブラリフォルダのファイルに対して誤った操作をするとシステムが起動しない可能性もあります。

Contentsへ

ライブラリフォルダへ簡単に移動

一番簡単な方法から説明します。

ライブラリを表示する

Finderを起動後ホームディレクトリを開いている状態で、右クリック➡︎「表示オプションを表示」内の「"ライブラリ"フォルダを表示」にチェックを入れるとライブラリフォルダが表示され通常のフォルダと同じように移動ができるようになります。

ショートカット
もしくは⌘ command+Jでも可能です。

Mac-ライブラリフォルダ表示

ホームディレクトリがよくわからない場合は下記記事を確認ください。

Macライブラリディレクトリ移動方法2

更にmacOS 10.12 Sierra以降ではライブラリフォルダへ⌘ command+⇧ shift+Lのショートカットが割り当てられているのでより移動が簡単です。

こういったマイナーチェンジも地味に便利で個人的には好きです。

Contentsへ

不可視ファイルを表示

ライブラリフォルダを表示させる方法は他にもあります。方法は不可視ファイルを表示させる方法です。
方法は下記記事を御確認ください。

Macライブラリディレクトリ移動方法1

ターミナルの操作を含みますのでよくわからない場合は基本情報を下記記事で御確認ください。

Contentsへ

ターミナルでライブラリフォルダのみを表示

ターミナル操作で「ライブラリフォルダ」のみ表示させることも可能です。
ターミナルで下記のコマンドを実行します。

ライブラリフォルダのみを表示

chflags nohidden ~/Library

非表示にするには下記コマンドを実行します。

ライブラリフォルダを非表示

chflags hidden ~/Library

Contentsへ

ライブラリフォルダを非表示の状態で開く方法

前述しましたがライブラリフォルダには重要なファイルが含まれています。
表示させるのが不安な場合は非表示のままアクセスするのも良いです。

⌥ optionを押しながら移動

Finder上部メニューの「移動」を選択して⌥ optionを押すとライブラリフォルダが表示されます。

Mac-⌥optionでライブラリフォルダへ移動

Contentsへ

パスを直接入力して移動

もしくはパスを入力して移動する方法もあります。

⌘ command+⇧ shift+Gを押すとパス入力画面が表示されるので、下記のパスを入力します。

~/Library

Mac-パスを入力してライブラリフォルダへ移動

以上です。あまり触りたくないライブラリフォルダですが、Macを使いこなそうとしたらどうしても操作が必要なケースがあるので覚えておきたいですね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
D-Boxを"いいね"、"フォロー"

新しい情報をお知らせします。
気になるニュースとかもPickしています。

おすすめの記事