まとめ系記事
Macのアカウント名、ホームディレクトリ名、コンピュータ名変更方法
スポンサーリンク

Macの使い始め時、ユーザー名を登録する際に特に指定していないとユーザー名がそのままアカウント名、ホームディレクトリ名、コンピュータ名になってしまいます。Macではユーザー名は手軽に変更できますが、このアカウント名、ホームディレクトリ名は変更するのに少々手間がかかります。

ここではアカウント名、ホームディレクトリ名を変更する方法をお伝えし、手軽なコンピュータ名変更も末尾にお伝えします。

 これから説明するホームディレクトリ名変更作業を誤ると、アカウントデータなどが破損して、ログインできなくなったり、データが消えてしまうなどの事象が発生する可能性があります。作業を行う前にバックアップを取って作業を行うことをお勧めします。

ホームディレクトリって?

ユーザー毎に割り当てられるユーザーの色々なデータが保存されるディレクトリ(フォルダ)です。

ホームディレクトリ場所

家アイコン横のフォルダが今ログインしているユーザーのホームディレクトリです。初めにユーザー名を「Mac」と登録したらホームディレクトリ名は「mac」となります。

後々ユーザー名を変更しても、このホームディレクトリ名は変更されません。ちなみに私の場合はPCUserのままでした。

アカウント、ホームディレクトリの特徴

ユーザーのデータが保存されている性質上変更する際はパスワードを要求されます。そしてログイン中のユーザーは自分のホームディレクトリ名は変更出来ません。

よって他のユーザーによってアカウント名、ホームディレクトリ名を変更するという方法で変更が可能になります。

ホームディレクトリの場所

ホームディレクトリは以下のパスにあります。

Macintosh HD/Users/ユーザー名

見つけづらい場合は、上部メニューバー➡︎Finder「環境設定」➡︎サイドバータブを選択して、
ホームディレクトリ-アイコンアイコンにチェックを入れるとサイドバーへ表示されるので、よりアクセスしやすくなります。

Mac-Finder-環境設定-サイドバー

アカウント名、ホームディレクトリ名変更方法

遠回しな説明になってしまいましたがホームディレクトリの特徴を理解してから変更をした方が失敗も起きにくく学びになると思い(自分のためですが^^;)一応説明させていただきました。ここから順を追って変更方法をお伝えします。

基本的には管理者権限を持つユーザーにて行います。

管理者権限を持つユーザーを追加する

システム環境設定➡︎ユーザーとグループで左下の鍵をクリックするとパスワード入力を求められます。(自分のログイン時パスワード)ロックを解除したら左下の「+」でユーザーを追加します。

ホームディレクトリ名変更ユーザー追加とグループアンロック

ここで一点注意が必要なのは「新規アカウント」で「管理者」を選ぶことです。管理者にしないと他のユーザーの変更ができないので意味がなくなってしまいます。ホームディレクトリ名変更後使用しないのであれば削除するユーザーなので覚えやすいパスワードを設定しましょう。

作成できたら左上の(Appleロゴ)から一度ログアウトします。

ホームディレクトリ変更管理者アカウント設定

新しく追加したユーザーでログインする

新しく追加したユーザーでログインします。ここでは「test」を選び、ログインします。初めての利用時と同様に色々と設定表示がされますが後々削除するユーザーであればスキップで大丈夫です。

追加したユーザーでメインユーザーのホームディレクトリ名を編集する

ホームディレクトリを開いている状態で⌘ command+⬆︎を押せば上層のフォルダに移動するので下図の画面につきます。この段階では追加した「test」ユーザーでログイン中なので「test」の横にホームディレクトリ-アイコン アイコンが付いているのが確認できます。

メインユーザーのホームディレクトリ上で↩ returnを押せば編集可能になるので希望の名前に変更します。ここで一点注意なのが変更後の名前をコピーかでメモを取っておきましょう。(後で確認もできますが)

ホームディレクトリ名変更finder画面

ユーザー名とパスワードを求められるので追加したユーザーパスワードを入力して変更を確定しましょう。ただしまだ終わりではありません。これは単純にメインユーザーのフォルダ名を変更しただけなので仕上げの設定を行う必要があります。

追加したユーザーで新アカウント名と新ホームディレクトリ名を設定する

システム環境設定➡︎ユーザーとグループからメインユーザーを⌃ control+クリックすると「詳細オプション」が出てくるので開きます。

ホームディレクトリ名変更ユーザーとグループ詳細オプション

ここで変更するのはアカウント名と「ホームディレクトリ」の末尾「/」以降です。ここに先ほどメモを取った新しいフォルダ名を入力、もしくはホームディレクトリ右側の「選択」をクリックするとFinderが開くので同じように⌘ command+⬆︎で上層のフォルダに移動し、パスをコピペします。

ここで一番重要なポイントなのですが「アカウント名」と「ホームディレクトリ名」の「/」以降は必ず一致している事です。ここが紐付いていないと変更が全く意味を成しません。

ホームディレクトリ名変更メインユーザー詳細オプション設定

以上で作業は終了になります。

再起動後、メインユーザーにログインしてファイルやデータを確認して問題なければ完了となります。又、使わないのであれば作業を行ったユーザーは削除しましょう。

Mac-ホームディレクトリ変更ユーザー削除

コンピュータ名の変更

ホームディレクトリ名と違い、コンピュータ名の変更は簡単に行えます。
Finder上でデバイスのところに表示される名前ですね。

MacFinderコンピュータ名

システム環境設定➡︎共有の「コンピュータ名」の名前を変更するだけです。

Macシステム環境設定共有 Macコンピュータ名変更

自分のMacの名前を変更したい時はよくあるかと思いますので、特徴を理解した上で編集できたら幸いです。

スポンサーリンク
コメント一覧
  1. 「既存の設定を読み込ませるには再起動が必須」 より:

    アカウント名、ホームディレクトリ名変更方法

    について、記載されている最後の作業では
    名称変更したユーザーに「ログインし直して確認〜」とありますが
    名称変更したユーザーにて色々な設定変更をしていた場合、"ログアウト"ではなく
    "PC再起動"しなければ正常に以前の設定が読み込まれません。

    その辺も考慮して記事を修正した方がよろしいかと思われます。

    • D-Box より:

      お知らせいただきありがとうございます。

      肝心なところが抜けていましたね。記事修正しました。

  2. ゆう より:

    この方法でアカウント名を変更したらデータが全て消えました。復元する方法があれば教えていただけないでしょうか?

    • D-Box より:

      削除してしまった場合は、バックアップをとっていない限り復元は難しいかもしれません。
      ゴミ箱とかに入っていたりしないでしょうか?

  3. なーなーmacユーザー より:

    譲り受けたmacをこの方法で名称変更できました!ありがとうございました^_^
    appleのサポートより分かりやすかったです。

    感じた事の補足を
    一人目の書き込みの方が言っているように、再起動せずログアウト、ログインだけすると、メインのアカウントに戻った時に、デスクトップに配置していたフォルダやアプリの位置がデフォルトに戻っていて、一瞬「失敗した。。!?」となりましたが、その後再起動したら元に戻り、安心しました。
    あと細かいですが、不必要なユーザの削除は、管理画面左下の「ー」をクリックでできる事を初心者向けに補足。

    あと、書き込み二人目の方のようにトラブルが起きてしまう事がありますので、あくまで自己責任という事、appleサポートにもありますが、この部分の名称変更は非常にデリケートなので、間違い無いかめちゃくちゃに気をつけて行う事を、読者に注意喚起したいですね。
    私は満足!感謝です。

    • D-Box より:

      色々とコメントいただき、ありがとうございます。
      為になったようで嬉しいです。
      御指摘いただいたところ記事に盛り込みました。感謝です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
(返信通知で使用するので確認できるメールアドレス入力をお願いします。)
の項目は必須項目となります。

関連キーワード
Mac, Tips-Macの関連記事

この記事が気に入ったら
D-Boxを"いいね"、"フォロー"

新しい情報をお知らせします。
気になるニュースとかもPickしています。

おすすめの記事