スポンサーリンク

Macにデフォルトで保存されている画像・アイコンは色々とありますが、その中でも見つけづらい場所にあるものをまとめていきたいと思います。

 以下に説明する画像は直接編集・削除とかはせずに必ずコピーして使用するようにしてください。(Macのシステムで使用されている画像などもあるので思わぬ不具合が発生する恐れがあります)

今回はライブラリフォルダへアクセスするケースが多数あります。ライブラリフォルダには複数種類があり、少し複雑なのでよくわからない場合は下記記事を御確認ください。

アプリのアイコン

まずはアプリのアイコン場所を説明します。

アプリケーションフォルダのアプリを右クリック➡︎「パッケージの内容を表示」を選択します。

Mac-パッケージの内容を表示

するとアプリを構成しているファイルを含んでいるフォルダが開くので、「Contents」➡︎「Resources」と進みます。 アプリによっては複数画像ファイルがあります。(アプリ内で使用している画像と思われます)

Mac-アプリ画像場所

画像の拡張子を変更方法がわからない場合は、下記記事を御確認ください。

Contentsへ

アプリケーションフォルダに無いアプリ場所

Spotlightなどアプリケーションフォルダに無いアプリなどは「System」➡︎「Library」➡︎「CoreServices」にもあります。

Mac-アプリケーションフォルダにないアプリ場所

パスは下記になります。面倒な場合はコピー後、⌘ command+⇧ shift+Gで「フォルダの場所を入力」画面が立ち上がるのでペーストすれば手軽に移動できるかと思います。

アプリケーションフォルダに無いアプリパス

System/Library/CoreServices

因みにアプリで使用されているアイコンだけ欲しい場合は、もっとシンプルにアイコンを抽出する方法があります。 下記記事で詳細を説明していますので御確認ください。

Contentsへ

システム系のアイコン

システムで使用されている色々なアイコン場所を紹介します。

①ホームディレクトリ・ゴミ箱・Finderアイコン...etc

システム上色々なシーンで使用されているアイコンが格納されているフォルダです。

場所は「System」➡︎「Library」➡︎「CoreServices」の「CoreTypes.bundle」をアプリの場合と同様に右クリック➡︎「パッケージの内容を表示」を選択して「Contents」➡︎「Resources」と進みます。

パスは下記になります。

システム系のアイコンパス

/System/Library/CoreServices/CoreTypes.bundle/Contents/Resources/

Mac-CoreTypes.bundle-パッケージ内容を表示

このフォルダには大量のアイコンが格納されています。 例えば歴代のiPhone・Macのアイコンや

Mac-システム系アイコン場所-Mac・iPhone系アイコン

サイドバーで使用されるアイコン

Mac-システム系アイコン場所-サイドバー系アイコン

フォルダーで使用されるアイコン

Mac-システム系アイコン場所-フォルダー系アイコン

他にもアカウント、Finder、ゴミ箱、ユーザ、鍵など色々なアイコンが格納されています。

Mac-システム系アイコン場所-その他アイコン

Contentsへ

②ログイン画面のログアウト、再起動、シャットダウン、スリープアイコン

前述したCoreServicesフォルダの中に「loginwindow」というアプリがあり、この中にログイン画面で使用されるアイコンが格納されています。 アイコン確認方法は同様に、「loginwindow」を右クリック➡︎「パッケージの内容を表示」を選択して「Contents」➡︎「Resources」と進みます。

パスは下記になります。

ログイン画面で使用されるアイコンパス

/System/Library/CoreServices/loginwindow.app/Contents/Resources

Mac-loginwindow.app-パッケージ内容を表示

それぞれのアイコンが格納されています。

Mac-システム系アイコン場所-ログイン画面アイコン

Contentsへ

③ディスク系アイコン

外付けハードディスクなどのアイコンが格納されています。

場所は「System」➡︎「Library」➡︎「Extensions」の「IOStorageFamily.kext」を右クリック➡︎「パッケージの内容を表示」を選択して「Contents」➡︎「Resources」と進みます。

パスは下記になります。

ディスクアイコンパス

/System/Library/Extensions/IOStorageFamily.kext/Contents/Resources

Mac-IOStorageFamily.kext-パッケージ内容を表示

数は少ないですがディスク系のアイコンはこちらで確認できます。

Mac-システム系アイコン場所-外付けディスクアイコン

Contentsへ

④その他メディアアイコン

懐かしのフロッピーディスクやメモリーディスクなど他のメディアアイコンが格納されています。

場所は「System」➡︎「Library」➡︎「Extensions」の「IOSCSIArchitectureModelFamily.kext」を右クリック➡︎「パッケージの内容を表示」を選択して「Contents」➡︎「Resources」と進みます。

パスは下記になります。

その他メディアアイコンパス

/System/Library/Extensions/IOSCSIArchitectureModelFamily.kext/Contents/Resources

Mac-IOSCSIArchitectureModelFamily.kext-パッケージ内容を表示

地味に便利そうなアイコンたちです。

Mac-システム系アイコン場所-その他メディアアイコン

Contentsへ

⑤アカウントのデフォルトアイコン

あらかじめ用意されているアカウントのアイコンが格納されています。

場所は「Library」➡︎「User Pictures」にあります。

パスは下記になります。

アカウントのデフォルトアイコンパス

/Library/User Pictures

Mac-アカウントのデフォルトアイコン

Contentsへ

⑥ログイン画面の画像

ログイン画面の背景画像が格納されています。 詳細は下記記事を御確認ください。

Contentsへ

⑦アプリなどへアップロードしたアイコン

直近でアプリなどへアップロードしたアイコンが格納されています。 アイコンの元ファイルが見つからなくて困っている場合はもしかしたらここにあるかもしれません。

場所は「Users」➡︎「自分のユーザフォルダ」➡︎「Library」➡︎「Containers」➡︎「com.apple.ImageKit.RecentPictureService」➡︎「Data」➡︎「Library」➡︎「Images」➡︎「Recent Pictures」にあります。

パスは下記になります。

アプリなどへアップロードしたアイコンパス

~/Library/Containers/com.apple.ImageKit.RecentPictureService/Data/Library/Images/Recent Pictures

Mac-アプリなどへアップロードしたアイコン

Contentsへ

iPhoneアプリのアイコン

スマホがiPhoneでMacと同期している場合は少し特殊な方法でiPhoneアプリのアイコンや画像を確認できます。

iPhoneアプリの場所は「Users」➡︎「自分のユーザフォルダ」➡︎「iTunes」➡︎「iTunes Media」➡︎「Mobile Applications」にあります。

パスは下記になります。

iPhoneアプリパス

/Users/自分のユーザ名/Music/iTunes/iTunes Media/Mobile Applications

Mac-iPhoneアプリの場所

iOSアプリは「ipa」ファイルという違う形式になっているため、右クリック➡︎パッケージの内容を表示で中身を確認できません。

少し面倒ですが、方法としては下記になります。

  1. iOSファイルの拡張子を直接「zip」へ変更
  2. 拡張子を変更したファイルをダブルクリックで展開
  3. 展開したフォルダ内の「Payload」フォルダを開く
  4. アプリファイルを右クリック➡︎パッケージの内容を表示

まず中身を確認したいiPhoneアプリファイルの拡張子を右クリック➡︎「名前を変更」や↩ returnで直接変更します。

 右クリック➡︎「"***"を圧縮」で拡張子を変更すると正常の圧縮➡︎展開されてしまい、中身を確認できないので御注意ください。

Mac-iPhoneアプリの拡張子を直接変更

変更したファイルをダブルクリックで展開します。

Mac-圧縮したiPhoneアプリファイルを展開

通常のフォルダが展開されるので、「Payload」➡︎「アプリファイル」➡︎右クリック➡︎「パッケージの内容を表示」を選択します。

Mac-iPhoneアプリ-パッケージ内容を表示

するとアプリのアイコンやアプリ内で使用されている画像を確認できます。

Mac-iPhoneアプリアイコン

少し特殊な方法になるので、仕様の変更とかありそうですが、ひとまずこの方法でiPhoneアプリのアイコンは確認できます。

以上になります。今後、新しいアイコン・画像場所がわかれば追記していきます。

Macでアイコンを変更する方法です。

画像編集で困った時はプレビューアプリが意外と多機能で助かります。 特に専用アプリを持っていない場合はプレビューアプリで出来ちゃうかもしれないので確認してみてください。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
D-Boxを"いいね"、"フォロー"

新しい情報をお知らせします。
気になるニュースとかもPickしています。

おすすめの記事