スポンサーリンク

プレビューアプリは簡単な画像編集はもちろん、ファイル形式の変換やその他の便利機能も持っているのでとても広い範囲で活躍できる優秀なアプリです。

今回は基本的な画像編集機能やその他機能をまとめて紹介します。

画像編集系

プレビューの基本的な機能の画像を編集する機能の中で、知っておきたい物を説明します。
画像編集の機能は上部メニューのマークアップを選択もしくは⌘ command+⇧ shift+Aでマークアップツールバーを表示して使用します。

Mac-プレビュー-マークアップ

範囲指定方法

画像編集を施す範囲指定方法はいくつか用意されています。
上部メニュー左側にボタンがあります。

Mac-プレビュー-範囲指定方法

長方形・楕円形

円形と四角形で範囲を指定します。⇧ shiftを押しながら指定すると円形は正円になり、四角形は正方形になります。

Mac-プレビュー-範囲指定-長方形・楕円形

Contentsへ

投げなわ・スマート投げなわ

指定したい範囲をマウスドラッグで囲み範囲を指定します。
スマート投げなわは指定対象物の輪郭に沿ってドラッグすることで対象物の輪郭を認識してくれます。

完璧ではありませんが、簡単な切り抜き作業などでは役立つかと思います。
コツとしては対象物の輪郭を少しかぶるくらいになぞる感じです。

Mac-プレビュー-スマート投げなわコツ

Mac-プレビュー-範囲指定-投げなわ・スマート投げなわ

Contentsへ

インスタントアルファ

ツールバーにあるインスタントアルファは、クリックした箇所の色を基準として同系色の範囲を認識して範囲を広げる機能です。

Mac-プレビュー-インスタントアルファ

クリック&ドラッグで範囲を調整して使います。

Mac-プレビュー-インスタントアルファ使い方

Contentsへ

トリミング(切り取り)

範囲を指定したら右上の「切り取り」でトリミングができます。
ショートカットの⌘ command+Kを使用するとより簡単です。

Mac-プレビュー-トリミング

Contentsへ

透過

範囲を指定して、上部メニューの「編集」➡︎「カット」で背景画像などの透過ができます。
こちらもショートカットの⌘ command+Xもしくは⌦ deleteが便利です。

Mac-プレビュー-透過

透過した画像を保存する際に「アルファ」というチェックボックスがあります。
チェックが入っていると透過させる。入っていないと透過させないという意味になります。

Mac-プレビュー-アルファ

Contentsへ

画像の結合

貼り付けたい画像を開いて⌘ command+Cでコピーします。

Mac-プレビュー-画像結合-コピー

貼り付け先の画像を開き⌘ command+Vでペーストすることで画像の結合ができます。
貼り付けた画像の周りに青いドットが表示されるので、そこをクリック&ドラッグすることでサイズ変更も可能です。

Mac-プレビュー-画像結合-ペースト

以上が画像編集系機能の説明となります。
他にも図形やテキストを挿入したりする機能はありますが、さほど難しい操作ではないと思うので割愛します。

Contentsへ

その他の便利機能

前述しましたが、プレビューは画像編集機能だけではなく、他にも色々と便利な機能があります。
以下にその他便利な機能をまとめていきます。

サイズを一括で変更する

ツールバーのアイコンを選択すると、画像サイズを変更できます。

Mac-プレビュー-画像サイズ変更

プレビューではまとめて複数の画像サイズを変更することも可能です。
下記の記事で方法を説明していますのでよければご確認ください。

Contentsへ

画像フォーマットを変換

上部メニューの「ファイル」➡︎「書き出す」から画像の拡張子を変換できます。

Mac-プレビュー-書き出す

⌥ optionを押しながらプルダウンメニューをクリックすると、変換できるフォーマットの選択肢が増えます。

Mac-プレビュー-画像フォーマット変換

Contentsへ

Exif情報を確認

Exif情報は「Exchangeable image file format」の略で、デジタルカメラで撮影した画像データに、撮影条件・情報を追加して保存できる画像ファイルフォーマットです。
参照Exchangeable image file format(Wiki)

撮影日時はもちろん、カメラの機種・絞り値・画素数などなどかなり詳細な情報が含まれます。
Exif情報の場所は、上部メニューバーの「ツール➡︎「インスペクタを表示」もしくは⌘ command+Iのショートカットから確認できます。

Mac-プレビュー-インスペクタを表示

左から2番目のタブ「詳細情報」➡︎「Exif」にあります。

Mac-プレビュー-Exif情報確認

Contentsへ

PDFファイルを圧縮して軽量化

「ファイル」➡︎「書き出す」でフォーマットにPDFを指定すると、「Quartz フィルタ」という機能があり、色々と書き出すPDFファイルに装飾を施せるのですが、その中に容量を圧縮する機能があります。

Quartzフィルタのプルダウンメニューより「Reduce File Size」を選びます。

Mac-プレビュー-PDF画像圧縮

圧縮率はかなりのものでだいぶ軽量化しますが、画像の劣化もなかなかあります。
どうしても重すぎて軽量化の必要があるときなど状況により助かります。

Mac-プレビュー-PDF画像圧縮後

Contentsへ

PDFファイルを暗号化

PDFファイルの暗号化も可能です。「ファイル」➡︎「書き出す」でフォーマットにPDFを指定し、「暗号化」にチェックを入れてパスワードを2回入力すると、暗号化されます。

Mac-プレビュー-PDF暗号化

Mac-プレビュー-PDFパスワード入力画面

Contentsへ

複数PDFファイルを一つに結合

複数のPDFファイルを一つにまとめることができます。

また、複数ページがあるPDFファイルから必要なページだけ抜き出したり、いらないページを削除することも可能です。

方法はとても簡単で、PDFファイルをプレビューで開きます。
PDFファイルにページがない場合は上部メニューの「表示」➡︎「サムネイル」を選択するか⌥ option+⌘ command+2のショートカットでサムネイル画像を表示させます。

Mac-プレビュー-PDFファイル結合-サムネイル表示

後はサムネイル画像が表示されている所に、ページへ追加したいPDFファイルをドラッグ&ドロップします。

Mac-プレビュー-PDFファイル結合-ファイルをドラッグ&ドロップ

PDFファイルが結合されページが増えました。

Mac-プレビュー-PDFファイル結合後

逆にページを別のPDFファイルとして抜き出したいときは、デスクトップなどに該当するページをドラッグ&ドロップで抜き出すことも可能です。

Mac-プレビュー-PDFファイル結合-ページ抜き出し

また、必要ないページの削除も可能で、該当するページを選択して上部メニューの「編集」➡︎「削除」もしくはショートカットの⌦ deleteでページ削除を行えます。

Mac-プレビュー-PDFファイル結合-ページ削除

以上になります。
Photoshopなどの精密な画像編集は出来ないかもしれませんが、プレビューはとても多機能なので結構活躍してくれる場面は多いと思います。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
D-Boxを"いいね"、"フォロー"

新しい情報をお知らせします。
気になるニュースとかもPickしています。

おすすめの記事