スポンサーリンク

ホーム画面で下にスワイプ(もしくは1番目のホーム画面で右にスワイプ)すると表示するSpotlight検索の設定方法を紹介します。
人によって評価が様々なこの機能ですが、利便性を見出すのが難しいという意見が多いようです。
しかし設定と工夫によっては便利になる可能性はあると思います。

Spotlight検索とは

iPhoneに保存しているアプリ、音楽、メール、メッセージ、連絡先、Webなどなどあらゆる情報源から指定したキーワードで検索する機能です。
検索範囲が広いので何か調べ物をしていたり、忘れていた何かを検索するときは重宝しますが、機能の性質上検索範囲が広すぎて一度検索したら膨大な情報量になってしまい困惑するという声もよく聞きます。

情報を非表示に

上記のような情報が便利と感じる方は良いのですが、個人的にはサイト検索するときはグーグルで検索しますしニュースを読みたいときはニュースアプリを使用するので正直表示されなくても良いなと感じています。
どこに保存したかわからなくなったアプリを検索したりなどにも使用できますが、個人的にはそこまで整理されていない場合はアプリの整理をして場所を把握しておく方が急務のようにも感じます。

iPhoneSpotlight検索画面1
iPhoneSpotlight検索画面2

このように少し検索するだけで様々なソースから情報を検索します。ですが個人的には情報が煩雑になりすぎてわかりにくいと感じます。
こういった理由でSpotlightを使用していない方はSpotlightを自分好みにカスタマイズすることをオススメします。

Contentsへ

Spotlight検索設定変更

それではこのSpotlight検索の設定を変更する方法を説明します。
「設定」➡︎「一般」➡︎「Spotlight検索」を選択します。
するとSpotlight検索が候補先としているアプリの一覧が表示されます。

iPhoneSpotlight検索設定変更1
iPhoneSpotlight検索設定変更2
iPhoneSpotlight検索設定変更3

デフォルトでは全てオンになっているのでちょっと検索するだけで膨大な情報がヒットするわけですね。
「Siriの検索候補」や「Spotlightの検索候補」も含め一度全てオフにすると検索画面がだいぶスッキリします。

iPhoneSpotlight検索候補非表示後検索画面

Spotlightで検索する内容を決めておいて、必要な項目のみオンにすると使いやすいと思います。

Contentsへ

非表示にすることで応用が可能に

工夫次第では便利になる機能だと思います。
例えばメールのやり取りが多い方は検索候補をメール、メッセージ等に絞り検索を行うことで検索ワードに関わるメールを手軽に表示することができます。
また、検索候補をミュージックにすれば目的の音楽を検索する機能としても使用できます

使い方によってはまだまだ可能性のある機能ですね。
それと非表示にすることでバッテリーの消費を抑える効果もあるので試してみてください。
Spotlight検索の便利な利用方法はこちらでまとめていますのでよろしければご覧ください。

iPhoneのSpotlight検索を便利に利用する方法まとめ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
D-Boxを"いいね"、"フォロー"

新しい情報をお知らせします。
気になるニュースとかもPickしています。

おすすめの記事