メール

Gmailのフィルタ作成方法

Gmailメール自動振り分けアイキャッチ

既にご存知の方も多いと思いますが、Gmailでのメール自動振り分け機能の設定方法を紹介します。
Gmailはよく使うので個人的には受信メールが煩雑になりがちです。人によってはいくつかメールアドレスを作ってそれぞれ管理しているみたいですが、私は面倒くさがり屋なので必要ないメールは分類して見ないようにしています。
とても手軽に行えるので試していただければと思います。

フィルタ作成

Gmail画面上部検索ボックス右側の下矢印▼をクリックします。

Gmailフィルタ作成

フィルタ条件入力画面が表示されます。
使用できる条件は「from:送信元」、「To:送信先」、「件名」、キーワードを「含む」/「含まない」、「添付ファイルがあるか」、「チャットを除外するか」、「メールのサイズ」、「送受信した日付」などから条件を指定できます。

Gmailフィルタ条件入力画面

今回はGmailアドレスから受信している件名が「会議」で販促というキーワードが含まれ、添付ファイルがあるメールを条件にフィルタを作成します。
条件を入力し終えたら画面右下の「この検索条件でフィルタを作成」をクリックします。

Gmailフィルタアクション指定画面1

指定した条件に一致したメールに対してのアクションを指定する画面になります。
今回は指定した条件に一致したメールに対して「会議資料」というラベルを作成して付与していきます

Gmailフィルタアクション指定画面2

会議資料のラベルが作成されました。
今後は指定した条件に一致したメールはラベルに格納されます。

Gmailラベル作成

受信メールからフィルタを作成

受信しているメールから作成すると、メールアドレスを入力する手間が省けます。
対象のメールがたくさんある場合などは直感的に作成できるので便利です。
方法は右上辺りに下矢印▼があるのでこちらをクリックします。
上部の「その他」でも可能ですが、ここではこちらで説明します。

Gmailメール自動振り分け設定1

「メールの自動振り分け設定」をクリックします。

Gmailメール自動振り分け設定2

該当するメールの表示を確認したら同様に右下の「この検索条件でフィルターを作成する」を選択します。

Gmailメール自動振り分け設定3

Contentsへ

フィルターの設定

重要度の低いメールや、定期的にラベルをチェックする場合はスキップ「アーカイブ」にチェックを入れましょう。受信トレイがすっきりして使いやすくなります。
該当する「ラベル」を選択しチェックを入れます。
最後に「一致するスレッドにもフィルタを適用する」にもチェックを入れます。
もちろんメールの種類によって条件は様々なので必要に応じてチェックは変更してください。

Gmailメール自動振り分け設定4

以上で設定は終了になります。
個人的にGmailのフィルタ機能は性能が高いと思うので、必要の無いメール等はGmailにまとめて送るようにして整理しています。
日頃のこまめな整理が仕事の効率化につながると信じています。

作成したフィルタを編集する場合はこちらのページを参考にして下さい。 

記事が気に入ったらD-Boxを

"いいね!"か"フォロー"

新しい情報をおしらせします。

D-Box

関連記事

  1. Macメール検索方法アイキャッチ Macメールアプリで使用出来る便利な検索方法
  2. メールリンク貼付アイキャッチ Macでメールのリンクをカレンダー・リマインダーに貼る方法
  3. gmailアイキャッチ Gmailの検索演算子を利用して必要なメールを一発で検索する方法…
  4. Gmailフィルタの編集方法アイキャッチ Gmailフィルタ編集方法
  5. メールオシャレ署名 変更方法アイキャッチ メールの署名をオシャレに変更する方法(Mac・iPhone・Gm…
  6. メールフィルター整理 手軽に使えるMacメールの「ルール」使用方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP