メール

メールの署名をオシャレに変更する方法(Mac・iPhone・Gmail)

メールオシャレ署名 変更方法アイキャッチ

メールの署名をオシャレに作成できるツールを発見したので紹介します。
とても簡単に作成できるのでオススメです。
併せてMac・iPhone・Gmailでの署名変更方法を説明します。

このような署名が作成できます。

メール署名付き

Signature Makerに情報を入力

署名作成ツールの「Signature Maker」を利用します。

Signature Maker

単純に必要な情報を入力するだけです。
必要な項目を入力したら下部の「Select HTML Signature」をクリックするとプレビューが選択されるので、コピーします。

Signature Maker 入力画面

Contentsへ

画像リンク

「Photo URL」には載せたい画像へリンクできるURLが必要になります。
GoogleChromeの場合はサイト上の画像上で「右クリック」➡︎「画像アドレスをコピー」で行えます。
Safariの場合は「イメージのアドレスをコピー」で行えます。

SNSの画像でも大丈夫です。

画像・イメージのアドレスをコピー

それでは署名の変更方法を以下に説明します。

Contentsへ

Macのメール署名を変更

Macのメール署名変更はメールアプリを起動して上部メニューの「メール」➡︎「環境設定」から行えます。

Mac メール 環境設定

環境設定の「署名」タブを選択すると同期しているそれぞれのメールアカウントが確認できます。
署名を表示したいメールアカウントを選択して、下部の「+」ボタンで署名を新規作成します。
後はSignature Makerでコピーした署名をペーストするだけです。

Mac メール 署名変更

Contentsへ

iPhoneのメール署名を変更

iPhoneでも同様に「Signature Maker」で作成した署名を設定できます。
iPhone上で「Signature Maker」に情報を入力します。

Signature Maker

少し入力しづらいですががんばりましょう。
入力後、作成された上部プレビューを全選択してコピーします。

iPhone Signature Maker 入力画面

iPhoneのメール署名の場所は「設定」➡︎「メール」➡︎「署名」にあります。

iPhone メール署名 場所

同期しているメールアカウントが表示されるので署名を変更したいアカウントを選び、ペーストします。
有名なデフォルトで付いている「iPhoneから送信」もここで修正ができます。

iPhone メール署名変更

Contentsへ

Gmailの署名を変更

Gmailの場合は、右上の歯車ボタンから設定を開きます。

Gmail 設定

全般タブの下部に署名があります。
ボタンを選択してコピーした内容をペーストします。

Gmail 署名変更

以上です。
手軽にロゴ入りの署名が作成できるのでオススメです。

記事が気に入ったらD-Boxを

"いいね!"か"フォロー"

新しい情報をおしらせします。

D-Box

関連記事

  1. メールフィルター整理 手軽に使えるMacメールの「ルール」使用方法
  2. Gmailメール自動振り分けアイキャッチ Gmailで特定のメールを自動で振り分ける方法
  3. Gmailフィルタの編集方法アイキャッチ Gmailフィルタ編集方法
  4. メールリンク貼付アイキャッチ Macでメールのリンクをカレンダー・リマインダーに貼る方法
  5. Macメール検索方法アイキャッチ Macメールアプリで使用出来る便利な検索方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP