Mac

Mac El Capitan以降でシステム、アプリのアイコンを変更する方法

SIP解除アイキャッチ

El Capitan以降のOSにはSIP「System Integrity Protection」と呼ばれるシステムやフォルダを保護する新機能が追加されたようです。
この「SIP」が有効だと想像の通り権限を持っているユーザーでもアクセスできなく、アイコン等は変更できなくなっています。
マルウェアやウィルス等からのセキュリティを上げる為に導入されているのでむやみに触りたくないのですが、一時的に「SIP」を解除して変更可能にする方法を紹介します。
間違えると自分のデータを失う可能性もありますので、外部ハードディスクなどにバックアップを取ることをお勧めします。

SIPの状況確認

無効化/有効化の前に現在のSIPの状態を確認する方法を説明します。
ほぼ有効になっているはずですが無効化後、有効にした際、確認する時等に使うかもしれません。

csrutil status

上記のコマンドを入力するとSIPの状態を確認できます。

リカバリーモードでMacを起動

リンゴマークが現れるまで ⌘ command + R を押し続け、「リカバリーモード」で起動します。

SIP無効化

リカバリーモードで起動するとOS X ユーティリティが起動し、バックアップからの復元など幾つか項目がありますが選択せずに、上部メニューバーにある「ユーティリティ」から「ターミナル」を起動します。

-bash-3.2 #
csrutil disable

上記のコマンドを入力し、下記のメッセージが表示されれば正常にSIPが無効化されます。

Successfully disabled System Integrity Protection. Please restart the machine for the changes to take effect

再起動を行えばシステムアイコンの変更も可能になります。
アイコンの変更方法は下記の記事をご覧下さい。

SIP有効化

セキュリティの強化のために導入されているシステムなので変更が終わったらSIPは有効に戻します。
同じように再起動後 ⌘ command + R でリカバリーモードで起動し、ターミナルを起動します。

-bash-3.2 #
csrutil enable

上記のコマンドを入力し、下記のメッセージが出れば正常にSIPが有効化されています。

Successfully enabled System Integrity Protection. Please restart the machine for changes to take effect

アップデート後のSIP有効化方法

macOS Sierra 10.12.2アップデートでSIPを有効化する場合に限りリカバリーモードで起動しなくても有効化することが可能になりました。
下記のコマンドを実行後指示通りに再起動を行えばSIPが有効になります。

sudo /usr/bin/csrutil clear

macOS10.12.2以降であればこの方法で有効化が可能です。

SIP有効化

記事が気に入ったらD-Boxを

"いいね!"か"フォロー"

新しい情報をおしらせします。

D-Box

関連記事

  1. screencaptureアイキャッチ Mac スクリーンショットコマンド「screencapture」…
  2. lsアイキャッチ Macターミナルコマンド「ls」のオプションまとめ
  3. Fluidアプリアイキャッチ MacでWebサービスをアプリとして使用できる【Fluid】
  4. Macで画像圧縮したスクリーンショットを撮る方法
  5. 不可視ファイルアイキャッチ MacのFinderに不可視ファイルを表示する方法
  6. Dock活用方法アイキャッチ MacのDock活用方法まとめ

  7. Macターミナル時間指定スクリーンショットアイキャッチ Macターミナルで指定秒数後にスクリーンショットを撮る2つの方法…
  8. Macこのアプリケーションで開くアイキャッチ Macコンテキストメニュー「このアプリケーションで開く」の編集方…

コメント

    • michio suzuki
    • 2015年 12月 21日

    初めてコメントさせて頂きます。先日El Capitanのアップデートがあったようですが、アップデート後一度SIPを解除し、有効化するためリカバリーモードからターミナルでcsrutil enableのコマンドを入れたところnot found的な反応でSPIを設定出来ません。csrutil statusも今回はSystem Integrity Protection status: disabled.とだけ出てきます。今回のアップデートで解除したままのSIPが有効になっていたので、何かシステムが変わったのでしょうか?情報をお持ちなら是非御教示ください。よろしくお願いします。

      • D-Box
      • 2015年 12月 21日

      コメントありがとうございます。自端末で試してみたのですが問題なくSIPは有効化できました。あくまで推測なのですがOS Xのシステムを拡張しているアプリ(例えばExtraFinder、TotalFinderとか)が関係しているのではないでしょうか?これらのアプリは「csrutil --without debug」で一部のSIPを解除することで使用できるみたいですが、今回はそれとも違うように見受けられます。手間かもしれませんがOS再インストール後、怪しいと思われるアプリをダウンロードせずに試みてはいかがでしょうか?問題点の切り分けになるかもしれません。
      あまり解決になっていなくてすみません。

    • michio suzuki
    • 2015年 12月 24日

    D-Box様

    早々にお返事頂いていたのに、お礼が遅れ申し訳ありません。そうですか・・・こちらのソフトウエア上の問題みたいですね、本機は最新のMacBook15レティーナ、自宅のがimac4Kなんですが同じ状況です。OS Xのシステムを拡張しているアプリ・・LiteIconぐらいですかね、、、まあ色々やってみます。今回は本当にありがとうございました。

      • D-Box
      • 2015年 12月 24日

      Michio様

      両機共にそのような現象なのですか。
      既にご存知かもしれませんが、アプリの確認をする際はただ削除(例えばApp Cleaner等を使って完全に削除でも)しても一度原因になっている場合は事象が改善しない場合があります。
      少し話が逸れるかもしれませんが、以前MouseZoomというフリーのマウスカーソルスピードを上げるアプリを入れていたのですが、ポインタが消えるという現象が起きました。その時はOS Xを再インストールするまでは改善しませんでした。ダウンロードした時点で不具合の原因となるものが書き込まれていたようでした。

      セキュリティに関係することなので早めに改善する事をお祈りします。

    • michio suzuki
    • 2015年 12月 24日

    D-Box様

    色々やる前にもう一度同じ手順をふんでみました。。バカミスをしておりました。commond+option+Rでインターネットリカバリーモードで起動し、ターミナル操作をしていました。これではコマンドを受け付けないようです。commond+Rのリカバリーモードでターミナル操作をしてみたところ問題なくSPIを設定できました。お騒がせして申し訳ありませんでした。
    また何かの時は宜しくお願い致します。   鈴木道生

      • D-Box
      • 2015年 12月 25日

      鈴木様

      改善して何よりです。
      こちらこそよろしくお願い致します。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP