Mac

MacのFinderに不可視ファイルを表示する方法

不可視ファイルアイキャッチ

Finderには全てのファイルが表示されているわけではありません。
あまり必要になることはないかもしれませんが、確認したい時や設定を変更する時はお試しください。

       スポンサーリンク

ターミナルでコマンド入力

ターミナル.appを起動して以下のコマンドを入力します。

$ defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles true

上のコマンドでFinderの設定を変更後、killallコマンドでFinderを再起動します。

$ killall Finder

これでFinderに不可視ファイルが表示されるのが確認できるかと思います。

Finder不可視ファイル表示

このように普段見られない「usr」ファイル等が視認できます。
不可視ファイル表示状態を解除する時はコマンドの語尾を「true」から「false」に変えて入力して、同じようにFinderを再起動すれば元の状態に戻ります。

ターミナルの基本的な情報はこちらのページを確認してみてください。

Macターミナルの覚えておきたいショートカット・コマンドまとめ

        スポンサーリンク

関連記事

  1. Googleマップの便利な機能まとめ
  2. 拡張子ロゴ Macでファイルの拡張子を表示させる方法
  3. Macで画像圧縮したスクリーンショットを撮る方法
  4. 画像形式変更ロゴ Macで画像形式を変更する2つの方法
  5. screencaptureアイキャッチ Macターミナルコマンド「screencapture」のオプショ…
  6. Fluidアプリアイキャッチ MacでWebサービスをアプリとして使用できる【Fluid】
  7. MagicMouseアイキャッチ画像 手軽にMacのマウスカーソルスピードを上げる3つの方法
  8. Wi-Fiアイキャッチ MacのWi-Fi接続優先順位を設定する方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP