Mac

Macのショートカットキーを変更と追加する方法

Macショートカット変更と追加アイキャッチ

Macのショートカットでデフォルトの設定では使いづらいく、便利なショートカットなのに使いこなせていないと感じている方も多いのではないでしょうか?
Macのショートカットの設定は自由度が高く、アプリごとに追加したり既存のショートカットを変更したりすることが可能なのでその方法を紹介します。

       スポンサーリンク

ショートカットキーの設定

まずMacにデフォルトで設定されているショートカットの変更方法を説明します。
「システム環境設定」→「キーボード」→ショートカットタブを選択します。

Macシステム環境設定キーボード
Macショートカット設定

ここでショートカットの設定を行います。

デフォルトのショートカットキーを変更

私が使いやすいと感じたショートカットを例にして説明します。
デフォルトではMission Controlは⌃ control + 、アプケーションウインドウは⌃ control + 、デスクトップ表示はF11に設定されています。

Macデフォルトショートカット設定変更1

結構多用するショートカットでありながら両手を使わなくてはいけなかったり、同じような機能でありながらデスクトップを表示はF11と遠い場所に設定されているのでショートカットを使いきれていませんでした。

片手でさらに直感的に使用できるようにそれぞれMission Controlを⌃ control + S、アプリケーションウインドウを⌃ control + A、デスクトップを表示を⌃ control + Dに設定しました。

方法はショートカットが表示されている箇所をダブルクリック後編集モードにし、変更したいショートカットを入力します。

Macデフォルトショートカット設定変更2

これでマウス、トラックパッドを操作しながらでも片手でウィンドウを操作できます。

ショートカットの競合

デフォルトの設定を自分好みに変更していくと他のショートカットで既に使用しているショートカットと競合(⚠️)してしまう場合があります。

Macデフォルトショートカット競合

こういう場合は変更したショートカットを「デフォルトに戻す」ボタンを選択し、元に戻してから競合していないショートカットに変更するか、もしくは競合しているデフォルトのショートカットの設定を変更してしまいましょう。

Macデフォルトショートカット競合2

このように競合がなくなりました。
スクリーンショットもデフォルトの設定だと⇧ shift + ⌘ command + 34と入力するキーボード範囲が広いので二つのキーボードで使用できるととても便利です。

アプリケーションのショートカットを変更

Macではダウンロードしているアプリ毎にショートカットを追加したりすることができます。
この機能も自分好みに設定すると作業が非常に捗ります。

今回も私が使いやすいと思ったショートカットを例にして紹介します。
画面をフルスクリーンにしたい場合、デフォルトでは⌃ control + ⌘ command + Fと三つのキーボードを入力しなくてはいけないのでショートカットを使用しづらいですね。⌘ command + Fに変更するとフルスクリーン表示も手軽に行えます。

方法はショートカット設定画面の「アプリケーション」を選択し、「+」を選択します。

Macアプケーションショートカット設定1
Macアプケーションショートカット設定2

ショートカット詳細入力画面が表示されるので「メニュータイトル」(ショートカットで実行したい内容)と「キーボードショートカット」を入力します。
ここで注意したいのはメニュータイトルには正式名称を入力しないと実行されないということです。
そこでフルスクリーン表示をする正式名称を確認します。

Macフルスクリーン正式名称確認1
Macフルスクリーン正式名称確認2

確認した正式な名称を「メニュータイトル」に入力し、ショートカットを入力後、「追加」を選択すると該当のショートカットが追加されます。
ここでの注意点はアプリケーションのショートカットは競合すると注意喚起のメッセージは表示されず既存のショートカットに上書きされてしまうということです。追加する前に事前にそのショートカットが使われていない等の確認をしましょう。

Macフルスクリーンショートカット追加

これでよりスムーズにフルスクリーン表示をすることができます。
ショートカット詳細入力画面のアプリケーションはドロップダウンになっており選択するとそれぞれのアプリケーション毎にショートカットの追加も行えます。

Macアプリケーション毎にショートカット追加

おすすめショートカット1

ショートカットを追加すると便利なものを紹介したいと思います。

ファイルの削除(ゴミ箱に入れる)のショートカットは⌘ command + ⌫ deleteですが、このショートカットもマウスまたはトラックパッドを使用している手を一度離してからではないと入力できないので、微妙に使い勝手が悪いと感じている方も多いのではないでしょうか?

このショートカットも上記と同じ方法で追加すると非常に使い勝手が良いと思います。
⌘ commandだと競合するショートカットキーが多いので⌃ controlを使いました。

Macゴミ箱に入れるショートカットキー追加

おすすめショートカット2

もう一つおすすめのショートカットを紹介します。

ウィンドウ、アプリケーション間の画面の切り替えは⌘ command + tab で行えてとても便利なのですが、同アプリケーション内の画面の切り替えはデフォルトでは⌘ command + ` で少し離れたところにあります。それに` を入力するには⇧ shift も同時に入力する必要があり使用しづらいです。
そこで同じアプリケーション内の画面切り替えショートカットをアプリケーション間の画面切り替えショートカットに近い場所へ変更するととても使いやすくなります。

同アプリケーション内画面切り替えのショートカットの場所はショートカットタブのキーボード「次のウィンドウを操作対象にする」になります。

Macアプリケーション内画面切り替えショートカット変更

 

 

今回は⌘ command + tab に近い⌥ option + tab にしました。
使いやすいショートカットに変更すると利便性が増すと思います。

以上がショートカットの変更と追加です。
今回はあくまで個人的な例ですので、自分好みにカスタマイズするとより使い勝手が良いかと思います。

覚えておくと便利なショートカットはこちらにまとめていますので御覧ください。

Macで覚えておきたいショートカットまとめ

        スポンサーリンク

関連記事

  1. MagicMouseアイキャッチ画像 手軽にMacのマウスカーソルスピードを上げる3つの方法
  2. MacSafariキャッシュクリアアイキャッチ Mac Safariのキャッシュ、Webサイトデータ削除方法
  3. 画像形式変更ロゴ Macで画像形式を変更する2つの方法
  4. テキスト編集中フォルダアクセスアイキャッチ Macでテキスト編集中にファイル場所までのフォルダにアクセスする…
  5. アイコン Macでアイコンを抽出する方法
  6. ターミナルエイリアスアイキャッチ Macターミナルでエイリアスを設定する方法
  7. Macキーボード 薄い!Macお薦めキーボードカバー
  8. mailロゴ Macのアイコンを変更する2つの方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP